株式会社林産業株式会社林産業 お仕事情報

株式会社林産業 ビジコミ ~学生による林産業のレビュー~

ビジコミとは、実際に入社して働いている方の声ではなく、ページをご覧になっている皆様と同じ立場で同じ目線で入社を考えられている方のレビューコメントです。

総合評価 4.0

学生アイコン 早稲田大学 法学部 3年(男性)
林産業様はポリエチレン製軟包装資材の製造・販売を行っている企業様です。訪問する前にまず驚いた点が、企業様のホームページが中国語、英語に対応していることです。これについては中国の会社との取引がある他、タイにも合弁会社があり、それらに対応する為だそうです。実際に社内には中国語を話せる方もいらっしゃるとおっしゃっていました。
また、林産業様は技術力と環境への配慮を兼ね備えた企業様だと感じました。技術力の証明として、林産業様の製品は様々な分野に活かされています。具体的には医療分野、食品分野、産業資材分野、農業分野、物流分野、IT産業分野です。それぞれの分野にお客様がいらっしゃり、お客様からの要望にオーダーメードで応えています。環境への配慮は、林産業様の製品そのものに表れています。安価で有害なビニール袋ではなく、ポリエチレン袋の製造を行っており、現在このポリエチレン袋がスーパーでも主流になりつつあります。このように、林産業様を中心に社会全体が環境配慮に傾いています。
本日お話をお伺いし、技術力と環境配慮、グローバル化にも対応していく、素晴らしい企業様だと感じました。
学生アイコン 早稲田大学 人間科学部 3年(男性)
林産業様はポリエチレン製軟包装材の製造販売を行っており、風にも強いパレットカバーや、パレットカバーに屋外保存の機能をプラスしたエコテックスが主力商品です。受注の約8割がオーダーメイド商品だとお伺いし、少しでもお客様のご要望に応えたいという姿勢が表れていると感じました。
また、ポリエチレンはビニールと違い、燃えても有害物質を発生させることがなく、環境にも優しい為、これからの時代に需要はさらに高まっていくのではないかと感じました。最近ではタイに子会社を設立されており、今後はアジア地域を中心に、グローバルに展開していくそうです。
新卒では理系向けの技術系総合職のみ募集をされているそうですが、工場見学も交えたインターンシップなどの開催が予定されているそうなので、是非参加してみたいと思いました。
学生アイコン 東京国際大学 言語コミュニケーション 3年(女性)
分かりやすいスライドと資料を用意してくださり、林産業様の取り組みについて理解することができました。
林産業様は、ポリエチレンを使った軟包装材という特殊なものを扱うメーカー様なので、あまり馴染みがないと思っていましたが、砂糖の包装では国内シェア7割から8割を占めており、IT、医療、食品、物流など様々な場面で林産業様の製品が使用されてます。
現在、ビニール袋やストロー利用がもたらす、環境への影響が懸念されていますが、ポリエチレンは燃やしても有害物質が出ない為、環境に優しく安全です。そして、林産業様では衛生面での管理力と、お客様のニーズに合わせた製品を研究・開発し提案できることから、今後益々需要が高まっていくのではないかと考えました。
働き方としては、チームで協力し合い創り上げていくことが多いそうですが、自分から考えて動く主体性も求められると仰っていました。
川面様は「人と関わる仕事」「人の要望に応えられる仕事」を軸に就職活動を行なっていたそうですが、お話を聞いてみて、この2つの軸が林産業様と合致していると思いました。私も就職活動をするにあたって、自分の軸を満たす企業で川面様の様に働いていきたいと思いました。
学生アイコン 早稲田大学 教育学部 3年(女性)
林産業様は、ポリエチレン製の軟包装材を製造している企業様です。身近な製品では、砂糖の包装や、農家で使用するビニールカバーなどを製造されています。他にも、IT、医療、物流、食品、農業、産業資材など、様々な分野に対してお客様のニーズにあった製品の製造を行っており、全体の約8割がオーダーメイド商品だそうです。また、衛生面の厳しい基準をクリアした工場を保有されており、衛生面での徹底した管理力と、オーダーメイドによる細かい対応が強みだと思いました。
働き方に関しては、工場勤務の方や技術系として就職される方は理系の採用ですが、本社の営業職は文理1:1だそうです。また、男女比に関しても工場では男性の方が多いものの、本社では1:1ということで、理系分野を取り扱う仕事でありながら、女性が働き易い環境だと思いました。
今回お話を伺った川面様も、人と関わる仕事がしたいということで林産業様を選ばれたそうですが、オーダーメイドの製品を綿密な打ち合わせの上で作り上げていくという点で、人と密に関わることができる、魅力的な仕事だと感じました。
学生アイコン フェリス女学院大学 国際交流学部 3年(女性)
林産業様はポリエチレン製軟包装材の製造から販売を行っている企業様です。スマートフォンの液晶画面を入れる袋や、注射器を入れる袋、細かい塵が入っていることも許されない製品の製造など、ITや医薬、食品、物流、農業分野まで幅広い分野を扱っていらっしゃいます。その為、お客様も幅広い業界の方を相手にすることになり、多くの方と関われることが出来ることに魅力を感じました。また、身近なものでいうと砂糖が入っている袋などを製造されているそうで、人々の生活の身近にあるものを、扱っていることにも魅力を感じました。
働き方についてお聞きしたところ、部署にもよるそうなのですが、基本的にはチームで協力して業務を行うとおっしゃっていました。私自身、1人で作業をするよりも、チームの皆で仕事をしたいと思っているので、林産業様の働き方は理想的だと感じました。インタビュー中も、隣の部屋から和気合々と話している社員の方の声が聞こえてきて、仲の良さが垣間見え、働きやすい雰囲気なのだと思いました。
本日は事業内容や企業のことだけでなく、ご担当者様の就職活動時のお話もお聞きすることが出来て、これから迎える就職活動の参考にさせて頂きたいと思いました。
学生アイコン 行きたい度4.0
創価大学 経営学部 3年(女性)
ポリエチレン袋のメーカーで、様々な企業を支え、サポートするという立場だからか、林産業で働く方々は穏やかで優しく、あたたかかったです。更に具体的に、仕事でのエピソードや、やりがいについてお聞きしたいと思いました。
学生アイコン 行きたい度4.2
多摩大学 経営情報学部 2年(男性)
「顧客歓喜」という、企業側とお客様双方の満足を両立するために、商品を売り出すだけではなく、要望に沿うための努力をひたむきに続け、実現させ、企業側にはやりがい、顧客には利便性という、両者に実益のあるふるまいをしている姿に共感が持てた。
学生アイコン 行きたい度4.0
神奈川大学 経営学部 3年(男性)
自身の業界研究につながる貴重な機会でした。
学生アイコン 行きたい度4.0
立教大学 文学部 3年(女性)
「顧客歓喜」という社是に関するエピソードで、お客様だけの満足ではなく、お客様と自分たちで共に喜びを分かち合い、付き合っていきたいという思いが込められているというお話が印象に残りました。
「お客様とともに」という姿勢があるからこそ、お互いの喜びを追求できるのであり、それを実現できた時にやりがいに繋がるのではないかと感じました。
学生アイコン 行きたい度3.6
首都大学東京 都市教養学部 3年(女性)
林産業さんで働く方は、あたたかく誠実な方が多いとのことで、穏やかな気持ちで仕事ができる環境があると思いました。
また、ポリエチレンの商品は必要不可欠で、人に迷惑をかけることのない商品だということ、商品ごとに様々な工夫をされているということが印象に残りました。
学生アイコン 行きたい度4.0
首都大学東京 都市教養学部 3年(男性)
穏やかな社風や、様々な企業に関わることができる点、そしてポリエチレンという生活を陰ながらに支えているものをつくるという点、この3点が魅力的だと感じ、自分の価値観と合っていると思いました。
学生アイコン 行きたい度3.8
法政大学 社会学部 3年(男性)
ポリエチレンという一見馴染みがなさそうな製品ではありますが、日常生活のいたるところに存在し、ポリエチレンを再発見できたという印象です。働く方も、ユニークな方が多かったです。

株式会社林産業 お仕事情報サイト 詳しくはこちら

ページの先頭へ