研修制度 研修制度

研修制度

どの職種、職場においても必要とされるEmployability(勤労資質)を身につけ、
職場の仲間から「愛される社員」になることを第一に研修をおこないます。
社会人として本当に求められるコミュニケーション能力とはなにか、
それを具体的な行動にする力を養います。

新入社員研修

新入社員の感想「楽しかった」が大多数

配属前研修は入社式後、長野県の菅平高原にて泊りがけで約2週間かけて行います。

研修では「愛される社員」になるための挨拶や報告・連絡・相談の仕方、ビジネスマナーを中心に、配属後に必要となるスキルや考え方などをグループワークやディスカッション、ゲームを通じて学ぶことができます。どこに配属されても「仕事が出来る人」になるための基礎を身につけることができます。

実務研修では講師担当の社員が入社当時に配属された現場にいって見学をしたり製品を組み立てたりしながら製造業務における基礎を学んだり、電話応対やPC操作の基礎を学びます。

研修中だけでなく、みんなで食べるホテルでのおいしいご飯やきれいな大浴場、体育館でのレクリエーションなどを通じて同期の絆を深めることができる楽しい研修です。

継続トレーニング

配属後も研修で学んだことを継続してトレーニング

いくら研修で学んでも配属されてから行動に移せていなくては意味がありません。
行動に移すことでそれが習慣となり、仕事ができる人財になることができます。

当社では配属後も継続トレーニングプログラムを毎月実施します。
学んだことが実際の業務の中でどれだけ実行できているのか、具体的な行動として何をどうすれば更にステップアップできるのかをチェック、フィードバックを行うことで職場に必要とされる人財を育成します。

フォロー体制

カウンセリング担当によるフォロー、キャリア形成

配属先では必ず先輩社員がカウンセリング担当としてフォローにつき、なんでも相談できる環境を整えています。カウンセリング担当社員については、同じ配属先にいないこともありますが、定期的に皆さんのもとへ状況を伺いにいきます。もちろん電話やメールなどでの連絡もいつでも可能です。業務上の悩みや人間関係など、どんなことでも相談できます。
プライベートの悩みも相談してください。先輩社員は皆さんのことを弟や妹のように思っています。

今後のキャリアプランなど、皆さんがやりたいことを見つける手助けをします。