住宅事業部 耐震事業

木耐協 住宅リフォーム事業者団体 国土交通大臣登録 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合 会員No.0004998

木耐協とは

国土交通省の登録の団体です。これまでに全国16万棟以上の耐震診断をしています。
夢仲工房でも講習を受講し、厳しい試験に合格して認定されました。

耐震関連の設計書、報告書、認定書

耐震事業1:耐震診断

度重なる地震に耐え、お家が傷んでいる可能性があります。当社は厳正な試験に合格して認定された「一般耐震技術認定者」が診断を行っています。安心、安全に暮らすためにも一度耐震診断を受けてみてください。

今なら「ホームページを見た!」と言っていただくと、耐震診断 通常¥20,000のところ なんと¥8,000!!

耐震診断の流れ

  1. 1

    診断法の説明の様子

    お客様に診断法の説明を行います。

  2. 2

    各種診断の様子

    屋内の診断をし図面を作成し各箇所・項目を診断していきます。

  3. 3

    床下基礎の点検の様子

    床下の基礎・柱等、数々の項目を点検します。

    基礎コンクリートの鉄筋有無と間隔の診断の様子※写真は基礎コンクリートの鉄筋有無
    と間隔等を診断しています。

  4. 4

    外壁診断の様子

    外部(壁・屋根・基礎・その他)全て診断します。

  5. 5

    診断結果報告の様子

    診断が終了しましたらお客様への報告を丁寧に行います。

耐震事業2:耐震補強工事

耐震壁施工、耐震金物施工などなど・・・既存の家の耐震施工ができます。

耐震施工のご紹介

震災で被害を受けた住宅の様子

阪神淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災、熊本地震と、大地震が多発しており、現在日本ではいつまた大きな地震が発生してもおかしくない状況です。当社ではそのお家に合った、様々な耐震工事方法を提案しております。今こそ地震に備えましょう。

基礎補強(耐震改修)工事

木造家屋のコンクリート基礎は、建物を支える重要な役割を持っています。度重なる地震に耐えてきた基礎は、ヒビが入っていたり、ボロボロに崩れかかっていたり・・・。

当社ではテレビ朝日で放送している「大改造!!劇的ビフォーアフター」で取り上げられた同じ施工方法で施工する事が可能です。

大規模な工事ではありません。特殊繊維のアラミド繊維が配合されているコンクリート補強材を塗布すると、コンクリートの9.8倍もの引張強度をもつ塗膜が形成されます。さらにアラミド繊維シートというもうのを貼り付けた塗膜は、コンクリートの57倍という強固さをもって、お家の基礎を長期に渡って補強します。普段どおりに生活しながら、しっかりと基礎の補強工事を行う事が可能です。この方法は、高速道路の高架橋の補強にも使われています。

アラミド繊維とは

米国デュポン社によって開発された繊維です。宇宙船、飛行機の部材、防弾チョッキ、消防防火服などに幅広く使用されており、引張強度は鉄の約7倍もあり高強度に優れた夢の繊維です。

アラミド繊維シートの写真
アラミド繊維シート