冷やす、テクノロジー

ごあいさつ

氷点からの軌跡
昭和34年、人々の暮らしにゆとりが見えてきた頃、株式会社佐川は、「佐川製氷冷蔵」として、角氷メーカーの第一歩を踏み出しました。当時、氷を作り売るのはあくまで夏でした。氷の需要もそれほどではなかった時代のこと、冬を中心とするオフのシーズンに、私たちは、より良質の氷を低コストで生産するための設備づくりに没頭しました。
創業以来、半世紀以上にわたり「冷やす技術」を磨くことを続けてきたのです。その技術は自社ブランドの「クリスタルアイス」の製造や、冷凍冷蔵倉庫業の分野でも活かされています。
いま私たちが提供するサービスのすべては、このような温度管理技術に培われた結晶です。
私たちは、これからも「冷やす技術」にこだわり、社会に貢献する企業として研鑽を続けてまいります。