TOP > よくある質問

よくある質問

Q&A

Q

児童発達支援ってなに?

A

療育の観点から、集団療育及び個別療育を行う必要があると認められる未就学の障がい児に対して、日常生活における基本的動作の指導、独立自活に必要な知識技能の付与、又は集団生活への適応のための訓練を提供することを目的とした事業です。

Q

放課後等デイサービスってなに?

A

学校に就学しており、授業終了後、または休業日に支援が必要と認められた障がい児に対して、授業の終了後、又は休日に児童発達支援センター等に通わせ、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進を行います。

Q

具体的にどういうことをするの?

A

事業所によって特徴があり、活動内容も様々です。らっぽるてぃは、保護者と一緒に通園をしていただく教室型の運営をしています。
児童発達支援では、感覚統合遊具を使った運動遊び、音楽を使った表現遊び等、子どもにとっての主体的活動である「遊び」を中心に療育をしています。「伝わる・わかる・つながっていく」をキーワードに、本人の状態に合わせた支援を行い、「楽しかった!」「できた!」の実体験を積みあげ、自己肯定感を高めます。
放課後等デイサービスでは個別の療育の中に中・長期的な取り組みを入れ、仲間と共に企画し実行していく「秋祭り」「カフェ」「ボランティア」などのイベントを実施しています。仲間に認められる、やり取りをしながら困難に対応していくなどの体験の場になっています。

Q

個別の支援計画ってなに?

A

子どもさんの実態を把握(アセスメント)し支援計画を立て(プラン)、療育を実践します(実行)。
目標や内容、支援の具体が適切であったかを評価して(チェック)再度アセスメントを行い、新たなプランを立てていきます。
→この「PDCAサイクル」に基づき、子ども一人一人の発達を予測しながら立てていく療育計画を個別の支援計画といいます。

らっぽるてぃでは、子どもさんの発達、家族のニーズに見合ったことを確認していただき、療育を実践します。その後6ヶ月毎に再アセスメントを行い、療育目標の確認と支援の方法をご説明し、署名捺印をいただいて療育の継続とさせていただいております。

<PDCAサイクル>

PDCAサイクル表

Q

見学はできますか?

A

利用者の方へ:
初回の見学、相談は無料です。希望者が多くすぐにお受けできない場合もありますが、見学をして頂いて、子どもさんの状態を把握し、他の事業所にご紹介することも出来ます。聞いてみたい・見てみたいでも構いません。お気軽にご連絡ください。受給者証をお持ちにならない場合でも、見学・相談は1回無料で承っております。

求職者の方へ:
見学をご希望の方は、お気軽にご連絡ください。らっぽるてぃでは、障がいを持つ子ども達の健やかな育ちを支援する指導員を随時募集しています。児童発達支援管理責任者を目指すカリキュラムも作成中です。子ども達と共に成長することのできる、素晴らしいお仕事です。