TOP > ビルメンテナンスという仕事

ビルメンテナンスという仕事

ビルメンテナンスをひと言で表すと…

ビルのなんでも屋さん

ビルメンテナンスとは、建物の環境の品質を保持・管理するお仕事です。皆様がお仕事を快適な環境で行えるように、空調や照明の点検をしたり、床や壁の汚れを落とし職場を綺麗にしたり、事故や災害から人とビルを守る警備をしたり、建物全般の管理をするまさに縁の下の力持ちです!

清掃作業中

資格の種類

ビルクリーニング技能士

ビルの所有者から委託を受けて行うビルクリーニング作業について必要な技能を認定する国家資格です。ビルクリーニングの実技と、電気、建築物、安全衛生などの広い範囲から出題のある筆記試験があります。

電気工事士

ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。その資格のある人を電気工事士といいます。国家資格です。第二種を持っている方はより有効な第一種取得を目指しましょう!

ビル設備管理技能士

国家資格の1つで、ビル管理のために、ビル設備の全体的な知識が必要とされます。試験は筆記と実技で、資格には1級と2級があります。1級は実務経験が7年以上の方、2級は実務経験が2年以上の方に受検する資格が与えられます。

電気工事士、ビル設備管理技能士、ビルクリーニング技能士

設備管理のキャリアアップ

現場での実技経験を積む 第二種電気工事士取得 さらに2年 第一種電気工事士取得 ビル設備管理技能士取得

株式会社朝日ビルメンテナンス 求人情報(tenichi)はこちらから
株式会社朝日ビルメンテナンスの求人情報については、tenichi(テンイチ)よりご確認ください。

▲ PAGE TOP