Home > 代表メッセージ

代表メッセージ

 いま私たちの社会は、『働く』ことの価値を問い直されています。

 日本の経済、つまり私たちの生活を支えるのは、企業全体の99%以上を占める中小企業です。そしてほとんどの中小企業では、常にコスト競争力の強化を求められています。
 かつて日本がそう呼ばれたように、中国は今『世界の工場』と呼ばれていますが、そのコスト競争力の源泉は言うまでも無く、他国と比較して安価な労働力にあります。企業の財務に占める人件費の割合はそれだけ大きい。それ故に、多くの企業においてコスト競争力の強化はそのまま人件費の抑制につながります。
 しかし一方で、人件費をただ圧縮することが企業の利益につながるかといえば、必ずしもイコールとはいえません。企業利益の源泉は、企業を構成する個々の『人材』が持つ創造力や職業意識に支えられています。企業が単なる“箱”ではなく、その中で日々奮闘する“人”の集合体である以上、良質な人材の確保こそが企業の生命線そのものです。日本経済全体がグローバルな競争に晒されるなか、企業における喫緊の課題は、『コア領域にいかに人材を集中させるか』『繁閑の波に応じていかに人材を適正配置するか』『間接的コストをいかに圧縮するか』など非常にシビアなものです。

 また一方で私たち『働き手』にとっても、これらの企業の課題は無縁のものではありません。
 一つの会社で定年まで働く“終身雇用”は既に過去のものとなり、社会全体で人材の流動性が増しています。就職難が叫ばれているにもかかわらず転職率は5割を超え、企業の業績不振による早期退職なども、既に物珍しいニュースではありません。かつては『どんな会社に入るか』こそがキャリア形成でしたが、いまや『どんなキャリアを形成するのか』だけでなく、『ワークライフバランスをどう形作るのか』など、どう働きどう生きるかは全て自らがその目で判断しなければなりません。

 こうした状況の中で、企業の求める人材と、働き手の働き方に見合った職場のマッチングは、ICTが果たすべき重要な役割といえます。
転職情報や企業の求人情報を掲載する様々な媒体が乱立する中、インターネットをはじめとしたICTは情報仲介の大きな比重を占めるようになりましたが、残念ながら未だベストなマッチングを実現する社会的な仕組み=『公器』たり得ていません。

「働く機会を増やし、人材の可能性をより拡大すること。」
「限られた期間の雇用であっても、切れ間無く繋いで生活を支えること」
「企業の人材活用を通して地域社会の活性化に貢献すること」

 この先10年でICTの果たすべき使命は、広告やSEOに多くの費用をかけられる大企業だけではなく、地域社会を支える中小企業にも公平に人材採用と育成の機会を与えること。短期的な『人気』ではなく、中長期的・ロングテール的に『職場の情報』を伝えることが、情報サービスの果たすべき役割です。

企業がそれぞれのコア領域に注力し競争力を磨く、そして、活力のある企業が地域の雇用を支えることが、日本経済の再生につながります。 天職市場は、企業の活性化サポートを通して、全ての人の『働く機会』作りを応援します。

2012年12月
株式会社天職市場 代表取締役 宮林 利彦
ページトップへ戻る