セミナー
Columnコラム

2019.9.5 ノウハウ

新入社員研修のアイスブレイクに使えるゲーム・ネタ

新入社員の中には、研修の参加にものすごく緊張する方もいるのではないでしょうか。気ままな学生時代を卒業し、社会人としてこれからやっていく第一歩ですから緊張してしまうのは当然と言えば当然でしょう。アイスブレイクは、そんな肩肘に力が入っている新入社員の緊張をほぐし、打ち解けさせるにはとっても効果的です。そんなアイスブレイクを盛り上げて新入社員たちの団結力や仲間意識を高めるのは、研修幹事の腕のみせどころですね。それでは、アイスブレイクにおすすめな簡単かつ協調性を育むゲームを4つご紹介します。

目次

  1. 1.他己紹介
  2. 2.ヒューマンチェア
  3. 3.パズルゲーム
  4. 4.ボールまわし
  5. 5.まとめ

1.他己紹介

アイスブレイクのゲームとしてはメジャーですが、これは簡単ですし、お互いをよく知る上でとてもいいゲームです。なにより自分のことをじっくり聞いてくれる相手には心をゆるしますし、新入社員同士が打ち解けるのに最適です。

まずペアになり、ペア同士、お互いを自己紹介しながらよく知ることからはじめます。のちに発表の場で、ペアを組んだ相手を紹介します。ですからペアを組んだ相手のことをしっかり説明できるように、細かくその人の情報を覚えておかねばなりません。ペアを組んだ相手にいろいろ質問しなければいけないことから会話もはずみ、いつの間にか仲良くなれます。
他己紹介が終わったら、今度はグループを作り、グループ紹介を他のグループにしてもらいます。このゲームが終わったころには研修もいいムードになることでしょう。
相手の話を注意深く聞き、わかりやすく説明することの重要性を新入社員が学べるというのもオススメポイントです。

2.ヒューマンチェア

このゲームは簡単で、しかも連帯感も生まれることから、手っ取り早く新入社員同士が打ち解けることができます。大勢でやればやるほど盛り上がるので、大所帯の研修にも向いています。

まずチームを組んで、同じ方向を向いて一列になります。そして、先頭の人が、いちばん後ろの人の背中側に並び、チームで同じ方向を向いたひとつの円を作ります。そして、号令と同時に後ろの人の膝に一斉に座るのです。タイミングがばっちりなら、踏ん張ることなく、うまい具合に全員が後ろの人の膝の上に座ることができるというゲームです。

タイミングが合わないと、ずっこけたりして大騒ぎになること請け合い。大人数でうまくいったときほど盛り上がりますから、最初は少人数で、最後は全員でやるといいでしょう。いつの間にか連帯感が生まれて、アイスブレイクにもってこいのゲームです。

3.パズルゲーム

アイスブレイクにぴったりなパズルゲーム。チームを組んで時間制限をし、対抗戦にすると一気にチームが団結し、盛り上がります。

チームを組むことで、パズルが苦手な人、得意な人とそれぞれが補い合い、協調性が生まれることでしょう。またリーダーシップなども重要になってくるゲームなので、今後仕事でチームを組む上での役割分担などのシミュレーションにもなるでしょう。
最後はそれぞれのチームで、なぜ成功したのか、失敗したのかを話し合い、発表の場を設けます。そのことで、将来プロジェクトに関わった場合にもきちんと成功と失敗の原因を考える、という習慣づけを行います。
楽しみながら、しっかりチームの結束力を高める、さらに盛り上がることな請け合いので、研修が煮詰まったなと思ったときに、使うといいでしょう。

単純に、パズルゲームは面白く、頭の体操にもなるので、研修の合間のリフレッシュに最適。

4.ボールまわし

このゲームは、新入社員の一致団結力が問われるアイスブレイク。簡単で意外なほど盛り上がる点でオススメです。

このゲームの場合、チーム対抗にしないで、新入社員全員で行うことがミソ。用意するのはバレーボールほどの大きさのボールひとつ。ビーチボールなどにすれば、気軽に研修会場に持っていけるでしょう。ルールは簡単。新入社員全員が円を作り、一周、ボールをできるだけ早くまわす、というもの。タイムを計って、何度かチャレンジすることで盛り上がるでしょう。
早くボールをまわそうとして、焦ってなげたり、失敗して落としてしまったりとしがちですが、冷静になることでうまくいくことを示唆しましょう。
このゲームでアイスブレイクを行えば、一致団結することの意義や冷静な判断力を培え、その後の研修がスムーズに進むことでしょう。

5.まとめ

アイスブレイクの出来がその後の研修の進み具合に影響することもありますから、幹事の方が緊張しちゃうかもしれません。
アイスブレイクで大切なのは、一致団結と、笑いです。新入社員全員で盛り上がれたとすれば、研修内容もより印象深くなるでしょうし、一致団結で仲間意識が芽生えることでその後の仕事でもフォローしあえる関係になれるかもしれませんからね。
新入社員研修に、ご紹介した4つのアイスブレイクが少しでもご参考になれば嬉しく思います。

関連記事

  • ノウハウ

    個性的で面白い!こだわりを感じる採用サイト6選

    採用サイトにこだわることで、求職者の企業理解を深めることにつながり、企業にとってよりマッチした理想の人材を獲得することができます。
    採用サイトの効果性を理解している企業ほど、求職者にとってより面白く、興味を引くようなサイト作りをするでしょう。
    それでは、こだわりの採用サイトにはどんなものがあるのでしょうか。企業の魅力を最大限アピールしている効果性の高いサイトを6つご紹介します。

  • ノウハウ

    採用サイトを制作するうえで大切にしたい3つのこと

    かつては大手企業くらいしか持っていなかった採用サイトも、今や中小中堅企業・ベンチャー企業も持っている企業が増え、採用サイトを“持っていることが当たり前”の時代になってきました。しかし、ただ作って所有すればいいというわけではありません。
    そこで、今回は採用サイトを制作する上で大切にしたい3つのことをお伝えします。

  • マーケット

    学生に求められる採用サイトのコンテンツとは?

    学生に求められる採用サイトのコンテンツについて、考えてみたことはありますか?
    近年では自社が求める理想の学生を集めるために、企業サイトのみならず採用サイトに力を入れている企業がかなり増えてきています。
    というのも、しっかりした採用サイトがあれば大手ナビサイトに頼らず、企業理解を深めた状態で応募者を直接集めることが可能になるからなのです。
    しかし、大切なのは独自の採用サイトをもつことだけではありません。

    もっと重要なのは、学生が何を求めているかを考え、学生の心にささるコンテンツをつくり伝えることです。
    では、学生が求めるコンテンツとは一体どういうものなのでしょうか。
    採用サイトのコンテンツの具体例だけでなく、学生目線で考えるときのポイントも合わせてお伝えしていきますね。