セミナー
Columnコラム

2018.11.27 マーケット

学生に求められる採用サイトのコンテンツとは?

学生に求められる採用サイトのコンテンツについて、考えてみたことはありますか?
近年では自社が求める理想の学生を集めるために、企業サイトのみならず採用サイトに力を入れている企業がかなり増えてきています。
というのも、しっかりした採用サイトがあれば大手ナビサイトに頼らず、企業理解を深めた状態で応募者を直接集めることが可能になるからなのです。
しかし、大切なのは独自の採用サイトをもつことだけではありません。

もっと重要なのは、学生が何を求めているかを考え、学生の心にささるコンテンツをつくり伝えることです。
では、学生が求めるコンテンツとは一体どういうものなのでしょうか。
採用サイトのコンテンツの具体例だけでなく、学生目線で考えるときのポイントも合わせてお伝えしていきますね。

目次

  1. 1.学生が「ここで働きたい」と思う採用サイトの特徴
  2. 2.採用サイトで求められるコンテンツとは
  3. 3.【番外編】個性にあふれる独創的な採用サイト
  4. 4.まとめ

1.学生が「ここで働きたい」と思う採用サイトの特徴

学生が求める採用サイトのコンテンツを考える前に、まずは学生が「ここで働きたい」と思う採用サイトとはどういったものかを考えていきましょう。

学生が思わず「ここで働きたい」と思う採用サイトの特徴は3つあります。

①第一印象でインパクトがある採用サイト

初対面の人を最初の印象である程度判断するように、採用サイトもまずは最初が肝心といえるでしょう。
パッと見た瞬間、印象に残るようなデザインや配色のサイトは、学生が今後自分が所属する会社として候補に残りやすいです。

②働いている自分がイメージできる採用サイト

これから社会人になる学生の中には、「就職」に対して不安をかかえている人も少なくはありません。
なので、入社前のプロセスから、入社後に自分がどういう場所でどんな人たちとどういう仕事をしていくのかをイメージできるかがポイントです。
イメージが具体的であるほど、学生たちの不安は期待にかわり「ここで働きたい」という意欲をもちやすいです。

③就職を通して自分の人生もイメージできる採用サイト

上の②と少し似ているのですが、就職を通して、たとえばスキルアップした未来の自分を想像できるような採用サイトは、学生にとってとても魅力的に映るでしょう。
企業と一緒にどんどん成長して生き生き働く自分や、将来仕事も家庭も大切にできる職場など、今後の人生をイメージできれば「ここで働きたい」という気持ちがより一層強くなります。

こうしてみると、学生が「ここで働きたい」と思う採用サイトの特徴として共通するのは、あくまで「学生目線」を大切にしているかどうかがポイントとなりますね。

それでは、採用サイトのコンテンツとして実際どういうものが必要になってくるのでしょうか?

2.採用サイトで求められるコンテンツとは

学生の求める採用サイトのイメージが沸いたところで、次は採用サイトで必要とされるコンテンツを大きく4つにわけて考えてみました。

  • ①会社・仕事系
    主に会社の情報を伝える部分です。
    コンテンツとしては「会社情報」「オフィス紹介」「事業紹介」「社長のメッセージ」「ビジョン」などにあたります。
  • ②社員・働き方系
    ここではほとんどの企業が「社員紹介」を盛り込んでいます。
    他にも「ある社員の一日のスケジュール」や「社員から社長への質問」といったコンテンツで、働き方のイメージを膨らませることができます。
  • ③制度・福利厚生系
    会社ならではの制度や取り組みをアピールします。
    コンテンツは「福利厚生・制度の紹介」にとどまらず、「社風紹介」「地域活動・社会貢献」「挑戦できること」なども他社との差別化が図れます。
  • ④採用情報・その他系
    採用サイトのコンテンツとしては最重要項目ですね。
    「募集要項」「選考プロセス」「研修制度」「求める人物像」「FAQ」「お問い合わせ(エントリー)」「人事部のメッセージ」などがあげられます。

3.学生が求める採用サイトの必須コンテンツ

それでは、上記の二つの内容をふまえて、学生が求める採用サイトの必須コンテンツとはどういうものでしょうか。
企業の意向も合わせて伝えられる、採用サイト必須コンテンツを8つに絞ってみました。

  1. 1.会社情報
  2. 2.仕事紹介
  3. 3.社長のメッセージ/ビジョン
  4. 4.社員紹介
  5. 5.福利厚生/制度の紹介
  6. 6.募集要項
  7. 7.選考プロセス/スケジュール
  8. 8.お問い合わせ(エントリー)

この8つだと、採用サイトとして大切な4つの分類をバランスよく取り入れ、なおかつ学生目線で重要視されている情報をおさえることができます。
必須コンテンツに加え、企業によって見せ方を工夫しつつ、独自の良さが伝わるコンテンツを盛り込むことでより学生を惹きつけましょう。

4.まとめ

学生が求める採用サイトのコンテンツをつくるにあたって大切なのは学生目線で考えることです。

今回は、
・学生が働きたいと思う採用サイトの特徴
・採用サイトのコンテンツで求められること
この2つをふまえて、学生が求める採用サイトの必須コンテンツを8つに絞ってお伝えしました。

いざ採用サイトをつくろうとしたとき、どのようなコンテンツにすればいいのか頭を悩ませるご担当者も多いかもしれません。
なのでこの記事があなたの採用活動に少しでもお役にたてれば幸いです。

また、採用サイトにおいて他にもわからないことや悩みはたくさんあるかと思います。
そんなときは一度、「天職市場」のコンサルタントにご相談ください。

天職市場
http://www.1049.cc/

「天職市場」では、求職者目線の採用サイト作成を含むWebサービスを幅広く手掛けています。
特に学生や求職者がどういったことを知りたいのかを、当社求人サイト会員へのアンケートや採用学の視点も入れた研究から、ページテーマをカタログ化しています。
これから採用サイト、もしくは採用サイトのコンテンツをつくろうとお考えの方は、ぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  • ノウハウ

    個性的で面白い!こだわりを感じる採用サイト6選

    採用サイトにこだわることで、求職者の企業理解を深めることにつながり、企業にとってよりマッチした理想の人材を獲得することができます。
    採用サイトの効果性を理解している企業ほど、求職者にとってより面白く、興味を引くようなサイト作りをするでしょう。
    それでは、こだわりの採用サイトにはどんなものがあるのでしょうか。企業の魅力を最大限アピールしている効果性の高いサイトを6つご紹介します。

  • ノウハウ

    採用サイトを制作するうえで大切にしたい3つのこと

    かつては大手企業くらいしか持っていなかった採用サイトも、今や中小中堅企業・ベンチャー企業も持っている企業が増え、採用サイトを“持っていることが当たり前”の時代になってきました。しかし、ただ作って所有すればいいというわけではありません。
    そこで、今回は採用サイトを制作する上で大切にしたい3つのことをお伝えします。

  • マーケット

    学生に求められる採用サイトのコンテンツとは?

    学生に求められる採用サイトのコンテンツについて、考えてみたことはありますか?
    近年では自社が求める理想の学生を集めるために、企業サイトのみならず採用サイトに力を入れている企業がかなり増えてきています。
    というのも、しっかりした採用サイトがあれば大手ナビサイトに頼らず、企業理解を深めた状態で応募者を直接集めることが可能になるからなのです。
    しかし、大切なのは独自の採用サイトをもつことだけではありません。

    もっと重要なのは、学生が何を求めているかを考え、学生の心にささるコンテンツをつくり伝えることです。
    では、学生が求めるコンテンツとは一体どういうものなのでしょうか。
    採用サイトのコンテンツの具体例だけでなく、学生目線で考えるときのポイントも合わせてお伝えしていきますね。